上田地域自然電子図鑑-千曲川と上田地域の自然 はじめての方へ
サイトについて
千曲川の生き物河川のはたらき上田と千曲川-生活と歴史サイトマップもっと知りたい方へ
 
戻る


上田地域の地形・地質



地層・岩石を見に行こう

塩尻地区の内村層〜その2〜

塩尻地区の内村層
岩をくだいた時の色が緑色。

塩尻地区の内村層は、火山灰だけではなく緑っぽいようなところや、角ばった礫(角礫)を見ることができる。この岩を凝灰角礫岩という。垂直の岩壁をみると、この層は垂直に近い傾斜をしている。ところどころ穴が開いたり、デコボコしているように見える。これは、水などで浸食し、やわらかいというより溶けやすいので、雨が降ると溶けてしまう。雨水で割れ目もできている。緑色のところと白いところと不均質である。茶色や紫色のところは、風化して色が変色してしまった。岩石の本来の色ではなく、風化したところはもともとは緑色だった。ここでは化石は出てこない。化石の出る別所層のような硬い岩は上田盆地の川原で埋れてしまっている。

塩尻地区の内村層
塩尻の内村層の岩壁全景

観察場所

観測地点
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図25000(地図画像)を複製したものである。(承認番号 平15総複、第633号)

 

戻る
ページの上へ
進む
 
上田地域千曲川自然電子図鑑
写真・図・掲載内容の著作権はそれぞれ、所蔵者ならびに出典者に帰属します。
All Rights Reserved. Copyright © Ueda City Multimedia Information Center -UMIC-