上田地域自然電子図鑑-千曲川と上田地域の自然 はじめての方へ
サイトについて
千曲川の生き物河川のはたらき上田と千曲川-生活と歴史サイトマップもっと知りたい方へ
 
戻る


川と生活のつながり



水産資源と漁業

アユ漁

アユ釣りのようす
アユ釣りのようす

アユはかつて千曲川の中下流域の砂礫底で10−11月産卵、孵化して海へ下り、幼期は海で育ち(シラスアユ)、6−7cmに育った稚アユは3−5月ころになると川を上り(のぼりアユ)更埴地方から上田盆地にきた。ここは千曲川が瀬になっていて川原に石が多い。その石には珪藻やラン藻(みずあかと呼ばれている)が繁茂する。それがアユの餌となり、アユは唇と舌で擦り取って食べる。この時、石には「はみあと」といわれるささの葉状の跡ができる。

5−6月になると、なわばりができ、一匹1m四方くらいが生活の領域となり、その中に他のアユが入ると追い出す習性ができる。水温20−25度を好み、盛夏には30cmくらいに育つ。秋になると川を下る。これを「落ちアユ」という。中下流で産卵して、一生を終える。こうした魚を年魚という。

しかし、現在は千曲川下流にダムができ、アユは日本海まで下ることはできない。そこで、琵琶湖で捕獲した稚アユを漁業組合が千曲川に放流している。

現在、千曲川の上田盆地から更埴地方にかけてはアユの好漁場で、アユのなわばりの生態を生かした、「友釣り」という方法が人気を呼んで多くの釣り客でにぎわっている。また、上田盆地では、秋には落ちアユをヤナで獲る「ヤナ漁」が行われている。

戻る
ページの上へ
進む
 
上田地域千曲川自然電子図鑑
写真・図・掲載内容の著作権はそれぞれ、所蔵者ならびに出典者に帰属します。
All Rights Reserved. Copyright © Ueda City Multimedia Information Center -UMIC-