上田地域自然電子図鑑-千曲川と上田地域の自然 はじめての方へ
サイトについて
千曲川の生き物河川のはたらき上田と千曲川-生活と歴史サイトマップもっと知りたい方へ
 
戻る


川と生活のつながり



千曲川の利水

塩田平の溜池灌漑

上田市南部の塩田平は周囲をとりまく山地が1200mと低く、かつ内陸の盆地で年降水量は860mmと少ない寡雨気候である。そのため、塩田平を流れる河川はどれも小河川で水量が少なく、盆地底の耕地を潤すことは困難であった。

そこで、古くからため池をつくり、その水で灌漑をするという長野県では珍しいため池灌漑が行われていた地域である。昭和42年(1967)にはため池の数は大小112面を数えていたが、その後の農業構造改善事業で小さなものはなくなり、昭和62年(1987)には41面になった。

小島大池
塩田平のため池 小島大池

ため池への水の供給を安定するために、昭和13年(1938)西塩田地区の産川上流に堰堤の高さ25mの農業用温水ため池である沢山湖(さやまこ)を造った。このダムの建設で塩田平西部の溜池の水が安定した。

東塩田地区の農業用水は二ツ木峠を越えた丸子町の依田川から引く計画をたてた。昭和16年(1941)には丸子側の御岳堂用水から久保峠越えで電気揚水機による引水、北の入池に入れ、東塩田地域に配分した。昭和22年には二ツ木峠下に920mのトンネルをほり、揚水を通した。そして、昭和29年(1954)には5774mの依田川水路が完成、東塩田地区の農業用水は安定した。

昭和30年(1955)、千曲川からの六ケ村堰頭首工を改修、用水が安定的に供給され、塩田平北部一帯の農業用水が安定した。

戻る
ページの上へ
進む
 
上田地域千曲川自然電子図鑑
写真・図・掲載内容の著作権はそれぞれ、所蔵者ならびに出典者に帰属します。
All Rights Reserved. Copyright © Ueda City Multimedia Information Center -UMIC-