上田地域自然電子図鑑-千曲川と上田地域の自然 はじめての方へ
サイトについて
千曲川の生き物河川のはたらき上田と千曲川-生活と歴史サイトマップもっと知りたい方へ
 
戻る


川と生活のつながり



千曲川の利水

千曲川左岸の用水堰

六ケ村堰

六ケ村堰の用水図
六ケ村堰の用水図 上田市教育委員会 条理調査報告

千曲川左岸の小牧・諏訪形・御所・中之条・上田原・神畑の6村を潤す農業灌漑用水路である。上田市小牧坂下にある頭首工から取水、直径1.5mの導水トンネルで606mの小牧太田切で水産庁中央水産研究所、長野県企業局上田水道管理事務所、六ケ村堰の3カ所に分水する。六ケ村堰はここから神畑まで5060mの用水路を通り、2500ha(昭和30年代)を灌漑する。

六ケ村堰の歴史は古く、上田藩真田氏治世(1583−1622)にはすでに堰は開削されていた。その後記録では寛永―正保(1624−1648)の大改修が行われている。旱魃の時には産川と湯川を渡り、新堰に入れて福田・吉田・築地の灌漑用水となり、灌漑面積も500haにおよんだ。

大正13年の大干ばつで上田原の扇状地上方にある長池(三池)の灌漑用水が枯渇し大被害が出た。翌14年から下方を流れる六ケ村堰からポンプアップしてまかなうことになった。この受益面積は350haと広大な面積を占めた。上田原地区は昭和30年代以後、住宅地や工場用地として都市化が激しく年々水田が減少、昭和58年には受益面積も122haになったため長池の二池は埋め立てられ、そこに創造館と長池公園をつくった。また、六ケ村堰の沿岸は住宅地化が激しく、生活雑排水が堰に流入するようになったため、昭和50年代から農業用水路に分離の排水路を設置している。

六ケ村堰
六ケ村堰頭首工

千曲川の頭首工は昭和29年に大規模な改修工事を行ったが、その後北陸新幹線ルートにかかり、平成9年同地点から42m上流に新しい頭首工を建設した。

なお、左岸の農業用水堰はこの下流に二ケ村堰、下之条堰などがあり、城下地区の御所・中之条や川辺地区の下之条を灌漑している。ここはいずれも千曲川氾濫原の地形である。

戻る
ページの上へ
進む
 
上田地域千曲川自然電子図鑑
写真・図・掲載内容の著作権はそれぞれ、所蔵者ならびに出典者に帰属します。
All Rights Reserved. Copyright © Ueda City Multimedia Information Center -UMIC-