上田地域自然電子図鑑-千曲川と上田地域の自然 はじめての方へ
サイトについて
千曲川の生き物河川のはたらき上田と千曲川-生活と歴史サイトマップもっと知りたい方へ
 
戻る


川と生活のつながり



千曲川の利水

千曲川右岸の用水堰

吉田堰(よしだせぎ)

千曲川の支流である神川(かんがわ)から取水し、神川左岸の段丘上真田町長(おさ)・本原(もとはら)の一部と上田市殿城(とのしろ)・吉田、東部町深井・海野地区を灌漑する。頭首工は真田町石船にあり、全長12km、灌漑面積は昭和30年代には500haであったが、その後減少し平成8年には300haとなっている。吉田堰の開削は『小県郡年表』によると、養老元年(717)とあり、『小県郡史』によると、奈良朝後期か平安朝初期と記されているが確たる文書はない。

堀越堰(ほりこしせぎ)

上田盆地の高位段丘面(第1段丘)である神科(かみしな)の台地(上田では染屋台と呼んでいる)には神川から何本も用水堰が引かれ、早い時期から灌漑が行われ、水のない広大な台地に稲作が行われていた。この染屋台には条里制が残っていることにもこの開発の古さを物語っている。最上流にある堀越堰は上田市伊勢山堀越の神川に頭首工があり、延宝7年(1679)に隨道工事を行い堀越堰が開削された。宝永3年(1706)『上田藩村明細帳』によると、堀越堰の水を金剛寺村・大久保村・房山村・鎌原村・西脇村・生塚村・秋和村でも使用していることが記されている。

弘化4年(1847)の「上田城下町用水絵図」(写真10 :上田城下町用水絵図 上田図書館蔵 )を見ると、染屋台の灌漑用水路が鮮明に示されている。

新屋堰(あらやせぎ)

染屋台を潤す用水堰は堀越堰の下流に神川から取水する新屋堰がある。この堰は染屋台の上中部を潤す重要な堰で開発は古い。虚空蔵山の東側の崖下を通るため堰が崩落することがあり、その修復に多額の費用を費やした。昭和24年の台風による被害を契機に隨道で通すことになり25年に完成し、約300町歩の灌漑が達成された。新屋堰の新しい隨道完成で上田市水道の原水として利用されることになり、染屋浄水場へ送られている。近年灌漑地域は住宅地化が進んでいる。

さらにこの下流に神川から取水する笹井染屋堰、岩門堰があり染屋台の最下部、いわゆる神科沖を潤している。なお、染屋台下の第2段丘面を潤す神川から取水する常田堰がある。この堰は黒坪・国分から常入の水田地帯を潤し、さらにこの堰には染屋台を潤した堰のすべての流れ尻が流入し、最後は上田市街地を流れる蛭沢川(ひるさわがわ)に入っていく。

枡網(ますあみ)用水

上田藩仙石氏時代に上田城下の尼ケ淵(あまがふち)から取水して千曲川氾濫原の諏訪部・秋和・上塩尻・下塩尻を灌漑する用水堰である。その後千曲川上流の下堀(したぼり)地籍に頭首工を移し取水した。この頃から取水する付近の地名をとって枡網用水と呼ばれるようになった。昭和24年の台風で頭首工が崩壊したのを契機に、28年(1953)上田市小牧地籍の六ケ村堰の頭首工と一緒に取水することになった。よって千曲川左岸で取水し、枡網用水は千曲川の下を隨道で横断して右岸に移る。隨道の出口は泉町といい、かつてはここから上田市水道の原水を染屋浄水場へ揚水していた(現在は神川からの原水が中心)。

枡網揚水は上田市街地、上田駅前を通り、諏訪部に出て塩尻地区へ向かう。灌漑面積は昭和58年には55haであったが、都市化が激しく平成10年には37haに減少している。  

戻る
ページの上へ
進む
 
上田地域千曲川自然電子図鑑
写真・図・掲載内容の著作権はそれぞれ、所蔵者ならびに出典者に帰属します。
All Rights Reserved. Copyright © Ueda City Multimedia Information Center -UMIC-